セルフチェック
Self check

乳がん検診 + 月1回のセルフチェックで
早期発見・早期治療へ

「セルフチェックしているから乳がん検診は行かなくても大丈夫」これは大きな間違いです。セルフチェックでしこりが見つかってからでは遅いのです。それはすでに「がんが判るほどに進行してしまっている」ということなのですから。
まずは、定期的に乳がん検診を受けて自分の正常な状態を把握し、その後でのセルフチェックで常に胸の状態を見守ることが大事です。自覚症状がなくても、1年に1回は乳がん検診を受けることをおすすめ致します。

乳がんが出来やすいポイント

乳がんは乳房上部・脇の近くが
できやすい

セルフチェックのポイント

  • 生理開始1週間前後に行う
  • 視診は明るい部屋で
  • 乳がんができやすい部分は重点的にチェック

動画でチェック

※引用:ワコールピンクリボン活動YouTube動画より

チェックリスト

視診

見てチェック

  • 左右の乳房に差はありませんか。
  • どこか腫れているところはありませんか。
  • くぼんでいるところはありませんか。
  • 皮膚の色が変色していたり、毛穴が目立っていませんか。
  • 乳首がへこんできたり、ひきつったりしていませんか。

触診

触ってチェック

  • 乳房にしこりや違和感を感じませんか。
  • 硬く触れるところはありませんか。
  • 脇の下が痛かったり腫れたりしていませんか。
  • あれ、前はこんな感じだったかな?と思うところはありませんか。

手に泡をつけて行うと
わかりやすいです

しこりや違和感を少しでも感じたら
早く乳腺外科を受診してください

乳がんに関する
お悩みやご相談はお気軽に

※WEB予約は、2週間先までのご予約になります。
電話予約は、当日から3か月先までの予約が可能です。

※WEB予約は、2週間先までのご予約になります。
電話予約は、当日から3か月先までの予約が可能です。

医院案内 WEB予約